読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【デザイン事例】ミュージアムグッズ

Bunkamura ザ・ミュージアム様の「カレンダー」のデザイン。

f:id:adarts_blog:20151130001102j:plain

モチーフの「バンクス花譜集」(植物図譜)の微細な描画を再現するため、高精細印刷を採用。
表紙を含め全13枚で構成され、使用済みとなった月は「ポストカード」として使用できる。
カレンダーの本体用紙は風合いのある「MTA+」、上部のくるみ部分はビンテージ感を演出するため「ビオトープGA/マロン」(ともに竹尾)を使用。
卓上でも壁掛けでも使用できるように台紙も設計。
細部にまでこだわった仕様の製造を実現したのは、(有)篠原紙工の篠原社長。

【デザイン事例】ミュージアムグッズ

DIC川村記念美術館様のミュージアムグッズ「チケットホルダー」のデザイン。

f:id:adarts_blog:20151129232859j:plain

加山又造の「舞鶴」を高精細で印刷。

ミュージアムグッズは「美術館での感動の記憶」でもあるため、作品を可能な限り高い品質で表現。
印刷は高精細で、さらにパールインキを使用することにより、製品に「輝き」を付与。

f:id:adarts_blog:20151129232919j:plain

【デザイン事例】ミュージアムグッズ

美術館

サントリー美術館様のミュージアムグッズのデザイン。

f:id:adarts_blog:20151025155716j:plain

写真はそのうちの「コースター」と「カレンダー」。
デザインコンセプトは鍋島焼の皿の基本形状である「円形」
コースターのパッケージも展開すると「円形」に。

f:id:adarts_blog:20151025155919j:plain

f:id:adarts_blog:20151025160103j:plain

鍋島焼の絵柄と色彩を活かすため、印刷は通常の印刷にくらべて1.6倍ほど細かい「高精細印刷」でインキは広色域印刷用のTOKA T&Kの「ベストワン ブロード」。
磁器特有の「輝き」(見る角度によって微妙に色が変わる)を表現するため、
作品の部分には「偏光パールインキ」を使用。

f:id:adarts_blog:20151025155822j:plain

【デザイン事例】ダイレクトメール

promotion tool

ブレックファースト&ランチミーティングDMのデザイン。

f:id:adarts_blog:20151129221249j:plain

日々、数多く届くDMの中で、「心に残る」ことを主眼にデザイン。

告知内容が朝食&昼食会であるため、皿とナイフ&フォークが印刷されたテーブルがポップアップする仕組みとした。

f:id:adarts_blog:20151129221427j:plain

印刷会社が比較的安価に仕入れることが出来る紙をヒアリング〜選定し、印刷の色数も極力減らすことで、限られた予算から「型抜き加工」の費用を確保。

f:id:adarts_blog:20151129221511j:plain

封筒とDM本体のオモテ面は2色印刷、DM中面は特色4色印刷。